Skip to content

カテゴリー: 作家

小池一夫

亡くなるまで

小池 一夫は、日本の漫画原作者、小説家、脚本家、作詞家、作家。秋田県大仙市出身。男性、身長183cm、血液型はB型。1976年までの筆名は小池 一雄。 大阪芸術大学キャラクター造形学科教授、神奈川工科大学情報学部情報メディア学科教授、大阪エンタテインメントデザイン専門学校教授を歴任した。出版社の小池書院元編集長。
ウィキペディア

2018年7月13日 本人ツイートのように、夏風邪と思って病院によるも、そのまま長期入院となる。

その半年後、ツイートにて、自身が認知症でアルツハイマーを発症していることを報告する。

3月12日もはや自宅に帰れないという旨のツイート

3月21日以降ぷっつりとツイートが途切れるも、26日に以下のツイート。

以降は意識を取り戻し、再度亡くなる前日までツイッターを更新し続け、死去。

  • 没日:2019年4月17日
  • 享年:82歳
  • 死因:肺炎

最期の投稿

ブログ・SNS 最終投稿日
Twitter 2019年4月16日

死去の前日のツイートが最後の投稿となった。亡くなる前日までほぼ毎日コンスタントにツイートをし続けたのは、作家として長年活躍してきた故人のなせる技なのか。
内容は、4月11日に亡くなったルパン三世の原作者モンキーパンチとの思い出を語るものだった。
今頃、天国で盛り上がっているだろう。

いいね数が多いツイート

なお、90万近いフォロワーを抱えるほどツイートが人気だった故人だが、その中でも特にいいねが多かったツイートを以下に紹介する。