Skip to content

カテゴリー: スポーツ選手

青木篤志

亡くなるまで

青木 篤志は、日本のプロレスラー。プロレスリング・ノアでデビューし、その後全日本プロセスに入団。元自衛官。東京都大田区出身。
ウィキペディア

2019年5月20日世界ジュニアヘビー級チャンピオンとなり、防衛戦を控えていたが、交通事故で死去。

  • 没日: 2019年6月3日
  • 享年:41歳
  • 死因:交通事故

最期の投稿

ブログ・SNS 最終投稿日
Twitter 2019年6月2日

2019年6月2日神戸での試合から、帰ってきたのが最後のツイートとなった。
この翌日バイクで高速道路で事故に遭い帰らぬ人となる。

8月11日に故人の追悼大会が行われた。
そこには、本来全日とは交流のないNOAHの選手が参戦。団体の枠を越えたカードが発表され、ファン達も盛り上がった。
故人の死が、本来交わることのない団体を繋げたのを、天国から見て喜んでいるに違いない。

Ray(プロレスラー)

亡くなるまで

Rayは、日本の女子プロレスラー。 我闘姑娘生え抜き第1号だったが2007年3月18日の息吹興行でエスオベーションへの移籍を発表して同時にリングネームを「零」から改名。2011年3月よりアイスリボン所属。2012年5月より再びフリー。
ウィキペディア

2016年2月に記者会見と公式ブログで、「グレード3の脳腫瘍」であり、「腫瘍が視神経にかかっていて手術はできない」「10万人に1人という病気に、なぜ私がならなければという想いはありました」と公表された。
しかし、その後も前向きに闘病活動を公開し、それをサポートするための活動「Ray AID」も開催された。2016年5月退院し、引き続き闘病生活を送るも、死去。

  • 没日:2018年8月30日
  • 享年:26歳
  • 死因:脳腫瘍

最期の投稿

ブログ・SNS 最終投稿日
アメブロ       (魚拓) 2016年5月26日
Twitter 2016年12月25日

ブログとTwitterを使用しており、ブログの最期の退院時の書き込みは退院を報告するものだった。
ブログの最期には、

また、近々試合会場では勿論の事、アクション体操教室等で、皆さんとお会いできる日を楽しみにしています❗❗
ブログも頑張って書くよ~(^▽^)

との書き込みもあったが、実際は更新されることはなかった。

そして、Twitterでは、ほぼ自身のメッセージを発信せず、リツイートをするのみであったが、最期の投稿では、自身の誕生日にもらったプレゼントの画像をメッセージなしで投稿していた。

死後、仲間たちにより追悼興行が行われた。
Ray選手の等身大マネキンも用意され、仲間たちとの最期の集合写真が撮影された。

衣笠祥雄

亡くなるまで

衣笠 祥雄は、日本のプロ野球選手。引退後は野球解説者・野球評論家・タレント。所属事務所はキャスト・プラス。広島東洋カープオーナー付スタッフ。京都府京都市東山区馬町出身。旧名は衣笠 幸雄。愛称は「鉄人」。国民栄誉賞受賞者。息子は俳優の衣笠友章。
ウィキペディア

4月19日、死去する4日前まで解説の仕事をしていたが、声がかすれ聞き取りづらい状態だったが、病気との因果関係は不明。

  • 没日:2018年4月23日
  • 享年:71歳
  • 死因:大腸がん

最期の投稿

ブログ・SNS 最終投稿日
コラム 鉄人の流儀       (魚拓) 2018年4月2日

RCC中国放送で定期的に書いていたコラム。亡くなる3週間ほど前に最後のコラムが掲載されている。
内容は、開幕3連戦が終わって、オープン戦と3連戦の結果を比較し、各チームの戦力を分析する内容。
タイトルも「スタートダッシュ」とある通り、これから長く続くシーズンがどうなるのかを予想しており、ご本人の余命がいくばくかなどを感じさせる内容ではなかった。