Skip to content

カテゴリー: スポーツ選手

衣笠祥雄

亡くなるまで

衣笠 祥雄は、日本のプロ野球選手。引退後は野球解説者・野球評論家・タレント。所属事務所はキャスト・プラス。広島東洋カープオーナー付スタッフ。京都府京都市東山区馬町出身。旧名は衣笠 幸雄。愛称は「鉄人」。国民栄誉賞受賞者。息子は俳優の衣笠友章。
ウィキペディア

4月19日、死去する4日前まで解説の仕事をしていたが、声がかすれ聞き取りづらい状態だったが、病気との因果関係は不明。

  • 没日:2018年4月23日
  • 享年:71歳
  • 死因:大腸がん

最期の投稿

ブログ・SNS 最終投稿日
コラム 鉄人の流儀       (魚拓) 2018年4月2日

RCC中国放送で定期的に書いていたコラム。亡くなる3週間ほど前に最後のコラムが掲載されている。
内容は、開幕3連戦が終わって、オープン戦と3連戦の結果を比較し、各チームの戦力を分析する内容。
タイトルも「スタートダッシュ」とある通り、これから長く続くシーズンがどうなるのかを予想しており、ご本人の余命がいくばくかなどを感じさせる内容ではなかった。

関本恒一

sekimoto

亡くなるまで

関本 恒一(せきもと こういち、1978年5月23日 – 2016年1月23日)は、大阪府出身のサッカー選手、サッカー指導者。ポジションはディフェンダー。
ウィキペディア

サガン鳥栖で在籍6シーズンでJFLとJ2を合わせて89試合に出場。2002年に現役引退し高校、大学でコーチを経て、2013年にFC伊勢志摩で現役復帰。しかし、2014年8月に平滑筋肉腫が見つかり治療を続けていた。

  • 没日:2016年1月23日
  • 享年:37歳
  • 死因:平滑筋肉腫

最期の投稿

ブログ・SNS 最終投稿日
一笑けん命!!
魚拓
2016年1月27日

最後のポストの内容は、遺書そのもの。周りの様々な人達への実名を挙げて感謝をしている。ブログの投稿は、1月23日だが、文章上の日付は2016年01月17日13:00時となっているので、本人が亡くなる直前に書いたものを、関係者がアップしたと思われる。

盛田幸妃

morita

亡くなるまで

盛田 幸妃は、北海道茅部郡鹿部町出身のプロ野球選手。1994年から1997年までの登録名は盛田 幸希。 現役時代に脳腫瘍に罹患しながら、リハビリにより復活を遂げた。
ウィキペディア

1998年に脳腫瘍が見つかり手術。医者に野球は無理だと言われるが、翌年1999年に見事復活。2002年に引退するも、2005年の夏に脳腫瘍が再発。2010年に脳腫瘍の転移した骨腫瘍が発見し再度手術。2013年には脳腫瘍も再発、以降入退院を繰り返し、2015年10月死去。

  • 没日:2015年10月16日
  • 享年:45歳
  • 死因:転移性悪性腺腫

最期の投稿

ブログ・SNS 最終投稿日
奇跡のリリーバー盛田幸妃 OFFICIAL BLOG
(魚拓)
2014年4月26日

ブログの最後の投稿は、2014年4月。手術を繰り返している時期で、「何とか、生きます」という言葉がやりきれない思いを表している。