Skip to content

米長邦雄

yonenaga

亡くなるまで

米長 邦雄は、将棋棋士。2003年12月、引退。日本将棋連盟会長。 タイトル獲得数19期は歴代5位。永世棋聖の称号を保持し、引退前から名乗る。佐瀬勇次名誉九段門下。棋士番号は85。趣味は囲碁で囲碁八段。 2003年11月、紫綬褒章受章。2013年1月、旭日小綬章受章。
ウィキペディア

2009年1月9日に前立腺癌で放射線治療を受けていると発表し、闘病を続けるも2012年12月18日に死去。

  • 没日:2012年12月18日
  • 享年:69歳
  • 死因:前立腺癌

最期の投稿

ブログ・SNS 最終投稿日
Twitter 2012年12月6日
まじめな話(削除)       (ウェイバックマシン) 2012年12月2日

公式ブログでは、「最期の時」というタイトルで投稿されており、その中には「人生すべて感謝である」と書かれおり、死期を悟って書いたのかは不明だが、感銘を受ける内容である。
公式Twitterも行っており、その最期のツイートは亡くなる約2週間前で、政治を揶揄する内容であり、最後まで米長節を見せた。

Published in棋士