Skip to content

大本萌景(愛の葉ガールズ)

亡くなるまで

愛の葉Girlsは、2012年12月3日にデビューした愛媛県松山市を拠点に活動する日本のアイドルグループ。日本の美味しい「食」、日本の安全な「食」を推進する『農業アイドル』。実際に自分たちの農園をホームグランドにして農業の魅力を感じ、「農家後継者不足」の解消に努めている。
ウィキペディア

中学2年生に研修生として、参加し、中学3年生でデビュー。その後、2018年1月からリーダーとして活躍していた。

通信高校にかよっていた。火曜と日曜が登校日だったが、事務所からは休みを認められず、学業とアイドル活動との両立ができず、悩んでいた。また、事務所からは、高圧的なLINEが度々送信されており、学業を優先したいために、一度は事務所にアイドルを辞めるよう伝えるも、事務所からは全日制の高校へ入りなおすように進められ、事務所からは、そのためのお金も貸すように伝えられていた。
熟考した大本さんは、もう一度高校に入り直すことを決める。ただし、母親は、契約満了の2019年8月になったら、事務所を辞めるつもりだと伝えてしまい、事務所側の態度は豹変し、お金は貸せないことを伝えられる。
亡くなる前日。事務所と話し合いをするも平行線を辿り、その日の帰りに、母親と全日制への入学を辞退することを決め、その旨を事務所に伝える。その後、事務所の社長へと電話した大本さんは、激しく叱責され、謝罪をさせられる。また、真偽は定かではないが、契約違反で1億円の違約金を払うよう求められたとも言われている。
翌日、イベントに行きたくないと母親に訴えるが、たしなめられ、その日の昼、自殺しているのが母親に発見された。

  • 没日:2018年3月21日
  • 享年:16歳
  • 死因:自殺

最期の投稿

ブログ・SNS 最終投稿日
萌景の萌萌物語       (魚拓) 2018年3月15日

ブログは、2016年7月1日のデビューした日から綴られており、当時中学3年生の勢いがそのまま書かれている。
最後の投稿は、亡くなる6日前。イベントの報告が描かれており、何も悩みについては書かれてない。(事務所のチェックが入っている可能性はある)
それにしても、ブログの文面はいつも明るく悩みなど微塵も感じさせない文体であり、それが余計に、この業界の闇を感じさせる。
何より、若すぎる死が痛まれる。

Published inアイドル