Skip to content

川島道行(ブンブンサテライツ)

kawashima

亡くなるまで

BOOM BOOM SATELLITES(ブンブンサテライツ)は、日本のロックユニット。1990年に結成され、1997年にベルギーのレーベルR&Sレコーズからデビュー。後に日本ではgr8!recordsからデビュー。
Wikipedia

BOOM BOOM SATELLITESのボーカル。
1997年から、5度の脳腫瘍を発症。2016年5月の最後のCDの録音時には、メンバーとのコミュニケーション、リズムや音程をとることすら苦労するという壮絶な状況だった。そんな最後のCDを発表してバンドは活動終了を宣言。その半年後に死去。

  • 没日:2016年10月9日
  • 享年:47歳
  • 死因:脳腫瘍

最期の投稿

ブログ・SNS 最終投稿日
Twitter 2016年6月22日

バンドの活動終了をTwitterでツイートしたのが最後の投稿となった。このツイートには、名だたる音楽関係者からリプライがあり、ミュージックシーンへの影響度を感じさせる。
この後、家族との時間を過ごし、半年後にその家族に見守られながらあの世へと旅立った。

妻である須藤理彩は、所属する事務所のWebサイトで夫のことについて投稿を行っている。

10月9日早朝、5時12分。大雨の降る中、まるで歌い出すかのごとく大きくブレスをとり、川島道行は永遠の眠りにつきました。

川島道行を応援して下さったファンの皆様、支えて下さった皆様、川島の人生をより豊かなものにして下さり心より感謝申し上げます。

お父さん、お母さんの息子である『川島道行』、私の愛する夫で、娘達にとって優しくてカッコいいパパの『川島道行』、そして・・・ミュージシャン、ブンブンサテライツの『川島道行』。
短い人生ではありましたが、一度きりの人生でこんなにもたくさんの人生を生き、そしてそれぞれでかけがえのないものをしっかり残してくれました。

どうか皆様にとっての『川島道行』をずっと忘れずに、そして彼の残したものをこれからも大切にして頂けたらと思います。

運命を受け入れ、もがきながらも懸命に音を奏で続け生き抜いた川島道行を、誇りに思います。

Published inミュージシャン