Skip to content

タグ: 病死

野間 美由紀

亡くなるまで

野間 美由紀は、日本の漫画家。千葉県千葉市出身。
ウィキペディア

コロナ禍の中、つつましくやかな生活を送っていたところ、病により急死。

  • 没日:2020年5月2日
  • 享年:59歳
  • 死因:虚血性心疾患

最期の投稿

ブログ・SNS 最終投稿日
note 2020年4月6日
Twitter 2020年5月1日

noteでは、コロナ禍で注目を集めたアマビエを毛糸で編んだことを綴っている。

Twitterでのツイートは、亡くなる前日のツイート。何気ない日常のつぶやきである。
このあとも、翌日まで知人のツイートをリツイートしていた。

志村けん

亡くなるまで

志村 けんは、日本のコメディアン。 ザ・ドリフターズメンバー。東村山市名誉市民。イザワオフィスに所属していた。 1972年までの旧芸名の表記は「志村 健」。本名は志村 康徳で、構成作家としては本名名義でクレジットされた。
ウィキペディア

  • 没日: 2020年3月29日
  • 享年:70歳
  • 死因:新型コロナウィルス

2020年3月17日に倦怠感を訴え、自宅で静養。同月19日に発熱と呼吸困難の症状が出始め、翌20日に医師による訪問診察で重度の肺炎と診断され、東京都港区内の病院に緊急入院となった。入院後、21日に人工呼吸器に切り替えた段階から意識はなかった。入院の際に新型コロナウイルスの検査を実施したところ、23日に陽性と判明した。24日に人工心肺が必要と診断を受けて、新宿区の国立国際医療研究センター病院へ転院してECMOを装着。入院時には肺に影も見られ、一時は気道を確保する気管挿管の処置も取られた。また、同日には保健所による調査で、3月17日が発症日であることと濃厚接触者の特定が完了したが、感染経路については不明とされた。2020年3月29日23時10分、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う肺炎のため、死去。70歳没。

コロナウィルスによる感染が広がりつつある中、その恐怖を全国に知らしめることになった。また、コロナによる感染を防ぐため、親族は入院後から、火葬されるまで、亡骸にも対面できなかった。

最期の投稿

ブログ・SNS 最終投稿日
Instagram 2019年10月30日

最後の投稿は、自身が更新するInstagram、亡くなる半年以上前の投稿。
なぜか10月30日に、1月3日日付の波打ち際の画像を投稿した。
5万件以上のコメントが今も投稿されている。

所属事務所からの発表で、コロナの流行が終わった後にお別れの会を開催するとのことだが、2020年10月現在、続報はない。

合わっせてドリフターズのメンバーから、コメントが掲載された。

【加藤茶コメント】
ドリフの宝、日本の宝を奪ったコロナが憎いです。
皆さんも身近に感じて、気を付けてくださるようお願い致します。

【仲本工事コメント】
ドリフも順番に逝く歳になったとは思ったけど、一番若い志村が⻑さんの次になるとは、、、。
非常に悔しいです。

【高木ブーコメント】
志村早すぎるよ、俺より先に逝くなんて。3年前に、久しぶりにドリフでコントやった時、
「高木さんも80歳過ぎて、頑張ってるんだから、自分も頑張らなきゃなぁ」
って言ってたよね。また一緒にコントやりたかったのに。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

滝口幸広

亡くなるまで

滝口 幸広は、日本の俳優、タレントである。千葉県出身。スターダストプロモーション制作3部所属。身長179cm。愛称はたっきー、ゆっきー等。
ウィキペディア

    急遽倒れそのままかえ還らぬ人に。

  • 没日:2019年11月13日
  • 享年:34歳
  • 死因:突発性虚血心不全

最期の投稿

ブログ・SNS 最終投稿日
Instagram 2019年11月11日

亡くなる2日前に、年末の舞台の取材の報告をInstagramに投稿したのが最後の投稿。共演者の安西慎太郎との写真。
顔色もよく、2日後に亡くなるのは感じさせない表情だった。

Instagramの前日の投稿では、飲食店の実家に帰省し、お店のお手伝いをしたことが投稿されており、両親への感謝が綴られている。故人の好青年ぶりが伝わる内容だった。

なお、死去が公表された15日に、最後の投稿で一緒だった安西慎太郎もInstagramに故人を偲ぶ投稿を行った。